​苔の種類  じっくり見ると1つ1つ形がちがうよ!
カサゴケ
カサゴケ

落ち葉の体積した土壌など生えてきます。名前の由来にもなっている、カサ状に開いた姿は、緑色のお花のようで可愛らしい!

press to zoom
ミズゴケ
ミズゴケ

日本にもっとも多く自生しているコケ。年に一度地下茎から新芽を伸ばします!

press to zoom
ヒノキゴケ
ヒノキゴケ

森に生えるコケ。別名「イタチのシッポ」とも呼ばれています。その美しい形から、観賞用の苔庭に使われることが多いのが特徴。

press to zoom
スギゴケ
スギゴケ

寺院などの苔庭に使われる種類のスギゴケ。星のような形がとても可愛らしい種類の苔です。

press to zoom
ヤマゴケ
ヤマゴケ

杉の根元などに自生しています。ふわふわした見た目が特徴!

press to zoom
ハイゴケ
ハイゴケ

日当たりの良い草地などに自生しています。カーリーな形が可愛らしく、苔玉を作る際など他の植物とのコンビネーションも抜群です。

press to zoom
タマゴケ
タマゴケ

森林の林床に自生。まん丸の胞子体を付けることからタマゴケの名前。柔らかな緑色が美しい苔です。

press to zoom
シッポゴケ
シッポゴケ

動物のシッポのように見えることからシッポゴケと呼ばれています。

press to zoom
スナゴケ
スナゴケ

日当りの良い岩上などに自生しており、乾燥に強い苔です。ルーペで見ると星の形をしています☆

press to zoom
​アート作品の例 苔テラリウム 〜講師陣が作成した過去の作品を紹介しているよ〜
​アート作品の例 苔と木や貝、陶器をつかった作品たち